年賀状に関するエトセトラ

年賀状好きの私が年賀状の話をしますよ

子供と年賀状

子供が幼稚園に入ると担任の先生から暑中見舞、年賀状が届くようになりました。
贈る年賀状は写真のフレームでシンプルに作り、デコレーションは子供達に任せます。
干支のシールを貼ったり色ペンで絵を描いたりおみくじシールも張りました。

好き放題デコするのでセンスは全く感じられません。ここでいろいろ言いたいのをひたすら我慢です。
メッセージ書くのかなと思ってましたが、だすき、と書いてましてなにかいているのか分かりません。
本人に聞くと、だいすきと書きたかったようで、い、を読みやすく書いてあげたら喜んでくれました。

終わりましたら宛名書きです。年長さんになったら名前は書いてもらいますが住所は大人が書きます。
筆ペンでかっこ良く書いたので子供たちが誉めてくれました。
下書きで練習したりお母さん頑張っていたとは秘密です。

ポストへは、無事届きますように。
糊で模様をはったものもありましたので、ハガキどうしくっついてませんようにとお願いしながら投函しました。

楽しかった年賀状の思い出

最近では、年賀状を書く機会はめっきり減ってしまいました。
ラインやメールで済ませてしまうからなのですが、小学生の頃は年賀状を書くのが楽しみでした。

色々な色のマジックで、自分なりに考えたデザインやイラストを描いて、友人に出すのです。
年賀状が来るだろう友人の数を数えて、年賀状を買って、その年の干支の絵を自分で書いて、「去年はお世話になりました。今年もよろしく」とカラフルに書いていたものです。

友人から届く年賀状も楽しみで元日にはポストを一番にのぞいていました。
一番、年賀状を書いていたのは、やはり小学生の時、次に中学生の時でしょうか。
それから、だんだん、その頃の友人とも疎遠になり、年賀状を書く枚数が減り、子供心で楽しんでいた年賀状も今では、書かなくなりました。

ネットで年賀状の注文ができてしまいます。
今年は年賀状をネットで注文すると父も言っていました。
結局、年賀状印刷の安いところを探すのは私なんですけどね。。。

昔のことを思い出すと、わくわくして書いてた楽しかった年賀状の時代も良かったなと懐かしく思います。
今、届くのは、お店や企業からくらいになってしまいました。
今年は、一枚くらい手書きで書いてみようかななんて思ったりもしますが、結局、ラインやメールで済ませてしまいそうです。
幼い頃の遊び心を取り戻したいなと思う私なのでした。

年賀状で一等を当選した!

毎年年始恒例の年賀状を毎年恒例で当選番号を父親が地味にチェックしていました。

例年通りチェックしている父親を見ながら今年は何枚切手が当たるんだろう何て思っていると、
急に父親が大きな声で「当たった!」と言い出し、どうせ切手だろうなと思い適当に返事をするとまた「当たってる!」と何をそんなにびっくりしているのかと思うと何と一等が当たっていたのです。
年始早々一等が当たり今年は縁起が良さそうだねと話しました。

あとあと調べたところ、一等が当たる割合は10万本に1本だそうで下5桁があっていないといけないそうです。
当選商品はお年玉一万円で父親はこの歳になってお年玉を貰えることなんてないからととても喜んでいました。

確かにそうだなと感じました。子どもの頃は貰えるお年玉も大人になるとあげるものになってしまい楽しみではなくなってしまいますよね。
そんな中、大人が貰えるお年玉がある年賀状ってとても素敵だなと思いました。